TEL 0545-23-1616

アンチエイジング - Anti-Ageng -

アンチエイジング歯科医学と口腔の老化度

アンチエイジングイメージ

健康と若さを保ちながら歳を重ねたい
この願いを可能にする医学が抗加齢(アンチエイジング)医学です。

単に寿命を延ばすだけでなく、老化による身体の衰えを防ぎ、生活の質(QOL)を高く保ちながら、社会的な生産性を維持する事を目的とした医療です。

口腔は、老化を早期に自覚する器官であり、全身のアンチエイジングにおいて重要な位置をしめています。

この点に着目して、口腔から全身を視野に入れたアンチエイジングを考えて、実践する予防医学が抗加齢歯科医学です。

食べる、味わう、飲む、話すといった人間の根本的な欲求、喜怒哀楽を表す感情の発露など、口腔は全身の健康やQOLに深く関与しています。

歯の喪失、歯周病、口臭、味覚障害、口腔乾燥症は老化の病気で、口腔は目もとともに全身の老化を早期に体感する臓器です。

また、食べ物を咀嚼(そしゃく)する事は、大脳皮質の運動野を刺激することが知られており、記憶力とも関連し、脳における血流も増加し、全身の代謝も促進されます。

唾液は口腔内の洗浄や、食べ物の溶解、消化のほか抗菌作用や、粘膜保護作用など健康を維持する上で極めて重要な役割を担っています。

このように口腔機能は身体機能の維持に大きく影響します。

TOPへ戻る

お口から始めるアンチエイジング

アンチエイジング医学では老化度の把握、対処、評価が繰り返されます。

口腔からの老化度の把握

  


口腔からの老化度の評価項目

  1. 口腔筋力年齢(咬合力)
  2. 歯牙年齢(残存歯数)
  3. 唾液年齢(唾液量、カンジタ菌数)
  4. のみこみ年齢(嚥下咀嚼能力)
  5. 歯周年齢(歯周ポケット)
  6. 口腔粘膜細胞を用いた遺伝子診断


以上の検査をおこない、口腔の老化度に対処した治療を行います。
口腔の老化を防ぐ事は、体全体を若々しく保つ事に必ず役立ちます。

詳しくは、神谷歯科クリックにてご相談およびご提案をおこなっております。

TOPへ戻る

アンチエイジング:神谷歯科クリニック 静岡県富士市今泉3983-14