TEL 0545-23-1616

歯周再生治療 - GTR -

歯周再生治療イメージ

従来の歯周病治療では、歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止める事だけで、本来の状態に戻すことはほとんど不可能でした。

ところが今日では、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯をできるだけ元の健全な状態に戻す治療法があります。

正常な歯と歯肉

健康な歯です。


ポケット

歯石が付着し、専門家以外では簡単に取り除けません。
歯根膜が破壊され歯肉にポケットができます。
そのまま放置すると歯が抜け、入れ歯やインプラントの治療が必要になります。


歯が以前より露出

従来の方法では、歯石を取り除いても歯肉の位置が低くなり、歯が以前より露出する場合があります。



歯周治療の最終目的は病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。
再生による治療法の目的は、歯が機能するための支持構造を回復させる事です。この為、歯肉の位置も維持する事ができます。

治療方法には、GTR法やエムドゲイン法等があります。

TOPへ戻る

再生法(GTR法)による新治療法

歯が以前より露出

あなた自身の生体再生能力を利用

歯周病で破壊された繊維組織や骨は、原因を除去すれば再生しようとします。しかし、患部を清掃した後に何もせず治癒を待つと、必要な組織が再生する前に別の組織がそこに入り込み、うまくいきません。

そこでメンブレン(左図)を設置し、外からの不要な組織が進入しないように防御します。そうすると、メンブレンの下には歯の支持組織が再生を始め、ゆっくりと成長してゆきます。

エムドゲインによる治療法

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続ける事で治す事ができます。炎症が歯肉の奥まで進行し歯周組織の破壊がひどい場合には、歯肉を切開し、歯根についた歯垢を取り除く歯周外科手術が必要となります。

しかし、従来の歯周外科手術では、歯周病の進行を止める事はできましたが、失われた歯周組織は再生しませんでした。そこで、失われた歯周組織を再生・回復させる為の治療法として、エムドゲインゲルを使った歯周外科手術があります。

ポケット

左の写真は、歯石・歯垢がつき、かなり深いポケットができています。


歯石や歯垢を除去

歯根面についた歯石や歯垢を十分に除去します。
その後 滅菌生理食塩液で十分に洗浄します。


エムドゲインゲル塗布

歯根面にエムドゲインゲルを塗布します。


その後の経過回復は、骨内欠損の重症度、また患者さんによって異なります。
どのような病気でもそうですが、あまりにも重度に進行した歯周病では、治療が困難な場合もあります。
定期的にPMTCなどの歯のクリーニングを行い、歯石などを除去される事をおすすめします。

TOPへ戻る

メール質問

Q.49歳 男性
歯槽膿漏でかなりぐらぐらの歯が3本あります。
地元の歯科医院に通院していましたが、 ブラッシングの進めだけであと何年かしたら歯が抜けると言われ、それから半年に1度の歯石取りだけで積極的な治療をしてもらえず通院をやめてしまいました。

神谷歯科クリニックでは、
1) 可能な限り抜かない治療をしてもらえますか?
2) メンブレンをもちいる治療では保険がききますか?
3) 他の再生治療はありますか、費用は?

A.1)
神谷歯科クリニックでは予防治療に重点をおき、なるべく歯を抜かないよう治療を行っております。しかし、初診の段階で歯の周りに歯槽骨がほとんどない場合には、残念ながら抜歯しなければいけない場合もあります。患者さん一人一人状態はみな異なりますので、十分診査診断のうえ相談して治療にかかります。

2)
メンブレンを用いた治療は保険の対象外で、自費扱いとなります。

3)
他の再生治療としましては、エムドゲインを用いた歯周組織の再生方法がありますが、ほぼメンブレンと同額ほどかかります。


Q.歯周病の再生治療についてお聞きしたいことがあります。GTR法の治療を希望しているのですが、メンブレンは、再度取り出ししないといけませんか? 素材が自然吸収されるものもあると聞いたことがあるので相談しました。

もうひとつお聞きしたいのですが、歯周病でぐらついている歯が数本ありますが、なるべく抜きたくありません。先生の病院では、歯周病で抜歯となる基準があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

A.吸収性のものは、血液に接触した時点から分解が始まり水と二酸化炭素になり体の中で解けてゆきます。従いまして、再手術をして取り出す必要はありませんが、歯周組織を再生するまでのバリアー機能が不確実になることもあり、特に歯周組織の吸収が大きいときには十分な再生ができないこともあります。

非吸収性のものは、いつまでも存在しますから、感染せずに十分な治癒が達成できれば 歯周組織の再生量も多く期待できます。

しかし2から3ヶ月で取り外す2度目の手術が必要です。
どちらの素材を用いるにしてもGTR法の適応症がありまして、それに適合していないと使用しても効果はありません。

またGTRメンブレンができない場合には、 エナメルマトリクスデリバティブというたんぱく質を用いる再生方法もあります。

どんな方でも、みなさんご自分の歯は残しておきたいですよね。ですから、いつも抜かずになんとか残しておきたいと考えて治療しております。

抜歯を決定する場合、その歯の虫歯の状態、支えている骨の状態、最終的な補綴処置の問題、かみ合わせの状態、残りの歯との関係等々、さまざまな角度から考えて決定させていただいております。人それぞれ症状は違いますので、簡単な基準はありません。 

歯周再生治療:神谷歯科クリニック 静岡県富士市今泉3983-14